ウーマン

大人になっても残るニキビ跡|消す方法を知って肌に自信を持つ

肌をピーリングする

鏡を持つレディー

肌が生まれ変わる

ケミカルピーリングは肌の代謝を高めてシミやニキビ跡などのトラブルを改善する、昔からある治療法です。フルーツ酸、乳酸などのピーリング成分には角質の除去効果があり、皮膚に塗ると再生活動が活性化します。自宅用ではピーリング石鹸やピーリングジェル、ピーリング化粧水などがあります。ピーリング石鹸は簡単に使用できて、肌に刺激が少ないので個人でも安心して使用できます。出来てしまったシミやニキビ跡も、ピーリングをすれば消すことができます。古い角質が取れるので、大人ニキビの予防、ニキビの炎症の予防などができます。シミやニキビ跡を消す効果、毛穴を引き締める効果、しわを消す効果など、沢山の働きを持つ万能な石鹸です。

使い方の注意事項

自宅でピーリングをしてシミやニキビ跡を消す場合には、使用法や使用頻度に十分に注意をする必要があります。ピーリングというのは皮膚を溶かすことなので、やり過ぎると新しい皮膚までも溶かしてしまう場合があります。特にもともと皮膚が薄い人は、ピーリングをしすぎないように注意をすることが大切です。使用の目安は1週間に2回〜3回程度です。ピーリングの濃度が濃い場合は使用頻度を下げ、ピーリングの濃度が低い場合は使用頻度を上げるようにします。ピーリングをしたあとは肌がダメージに弱い状態になっています。そのままにしておくと紫外線ダメージを強く受けてしまいます。いつも使っている化粧水や乳液で肌のコンディションを整えてあげることが大切です。

乾燥知らずの肌になる

頬に触れるウーマン

化粧水で水分をたっぷりと肌に与え、その水分が蒸発するのを防ぐために保湿するのは美しい肌を保つための重要なポイントです。肌トラブルに悩んでいる人は、根本から解決する保湿に重点を置いたスキンケアを行ってみてはどうでしょうか。

View Detail

きれいを続ける

目元を触る中年女性

体の中からも、外からも美しく健康でいるには、ビタミンcをとります。食事に野菜や果物を積極的にとり入れます。外からビタミンcをとるには、ビタミンc誘導体を配合した化粧品を使用します。シミの予防や、ハリが生まれます。

View Detail

乾燥を防ぐために

スキンケア用品

さっぱりめのスキンケアや高保湿のものなど、その日の肌の状態などによってスキンケアを使い分けるとよいです。夏には、隠れ乾燥肌が増える時期なので、まずは水分量や油分量など自分の肌の状態を知りケアを念入りに行いましょう。

View Detail