レディー

大人になっても残るニキビ跡|消す方法を知って肌に自信を持つ

乾燥知らずの肌になる

頬に触れるウーマン

スキンケアの基礎

肌が乾燥すると、化粧ノリが悪くなってしまったり、笑った時に肌がつっぱったりすることがあります。また、肌のターンオーバーを邪魔してしまい、くすみなども生じてしまいます。乾燥のない肌を作るためには、化粧水で保湿をしっかりと行うことが重要です。どんな肌質であってもまずはしっかりと化粧水で水分を肌に与え、その水分が蒸発しないように保湿を行うことが基本です。乾燥肌だけではなく、脂性肌だと感じている人も実は保湿が不足していて水分不足になり、肌がそれ以上の水分の蒸発を防ぐために皮脂の分泌量が過剰になっているというケースもあります。どんな肌質の人も化粧水でしっかりと保湿をし、その水分の蒸発を防ぐことがスキンケアの第一歩になります。

トラブルの原因は水分不足

近頃では化粧水でありながらしっかりとした保湿力を持ったものも多く販売されています。小さな子供がいる家庭ではスキンケアも落ち着いて行っていられないというお母さんも多いのですが、化粧水だけをつけて他のことをしなくてはいけないというような場合でも保湿成分の配合された化粧水ならある程度の時間は乳液やクリームを付けなくても肌の乾燥を防いで潤いを保持してくれるという効果が期待できます。この保湿の効果は肌の乾燥を防ぐだけではなく、くすみやシミ、しわ、ニキビ、肌荒れなどあらゆる肌トラブルを解消するための根本的な効果も期待できます。様々な種類の保湿化粧水が販売されていますが、商品によって効果効能が異なります。美白成分が含まれている商品を選ぶのか、肌のターンオーバーを促進する成分を含む商品を選ぶのか、など目的を決めて購入すると良いでしょう。